金融ニュース通信

投資信託における基準価額とは?その意味や計算方法をチェック!

基準価額について

基準価額とは投資信託を購入する際の値段になるものを指します。

一般的な株式投資を行う場合はリアルタイムの需要と供給によって株価が変動しますがこの基準価額は1日1回のみ算出される価格になります。

投資信託では取引を行う際の単位に「口(くち)」が用いられています。

例えば投資信託の運用を開始する時点で1口10円で購入することが出来た投資信託は、運用を開始すると運用の成果によって1口当たりの値段が変動します。

証券会社や金融機関などを使って投資信託の運用をする場合、基準価額は1口または1万口あたりで記載されているのが一般的となっています。


基準価額の計算方法について

基準価額の計算方法は、投資信託が保有している株式や債券などの時価評価額に利息や配当収入を加えた価格から、信託報酬などの運用費用を差し引いた「純資産総額」を投資信託の総口数で割って算出されます。

純資産額÷総口数=基準価額

※純資産額=保有資産+利息・配当収入-運用コスト

実際に例を挙げて説明すると、投資信託が保有している金融資産が100万円、利息や配当金が10,000円、信託報酬が1,000円だった場合の純資産総額は100万9,000円になります。

この投資信託の総口数が100口あったとすると、1口当たりの基準価額は10,090円ということになるのです。

基準価額はいつ更新されるのか?

日々価格が上下する株式投資と違い、投資信託の基準価額は1日1回算出されます。

しかし基準価額が更新されるのは投資の対象となっている株式が国内のものなのか海外のものなのかによっても異なりますし、各金融機関によっても更新時間はまちまちです。

投資信託の中でも、日本国内の株式や債券を運用している場合は市場の取引が終了する午後3時以降に基準価額が更新されることが多く、海外の株式や債券を運用している投資信託では取引の対象となっている国の市場が終了する時間移行に基準価額が更新されることになります。

また各金融機関が投資信託を行っている場合は金融機関ごとに更新時間が異なりますが、大抵は取引終了後の19~21時前後に基準価額が更新されます。


基準価額と基準価格の違いについて

投資信託における取引価格について「基準価額」と「基準価格」の2つの表記が混同されている場合がありますが、正しくは「基準価額」になります。

先ほどご説明した通り、投資信託の基準価額というのは時価評価額に配当金や利息を加え、運用コストを差し引いた「純資産総額」に対して運用している総口数を割った数字が適用されます。

つまり基準価額というのは株式のように市場の需要と供給によって「価格」が決まるものとは違い、Value=価値としての性質が高いものになるのです。

そのため投資信託においては「基準価格」ではなく、1口当たりの価値を算出するという意味から「基準価額」というのが正しい意味になります。

基準価額が毎日変わる理由について

投資信託における基準価額は1日1回、日々変動するものですが、これには主に2つの要因があります。

投資対象の株式や債券の価格が変動するため

基準価額が日々変動する大きな要因の一つとして、投資信託が組み入れている株式や債券などの時価評価額が毎日更新されていることが挙げられます。

投資信託においては日々専門のアナリスト達が投資信託に組み入れている株式や債券などの取引を行いその成果によって組み入れている資産の評価額が決定されます。

この評価額が前日よりも上昇すれば基準価額は上がり、逆に前日よりも下落すれば当然、基準価額も下落します。

株式や債券の価格と言うのは国内をはじめ世界の経済状況に左右され、企業の業績によって変動するものなので企業にとっていいニュースがあれば株価は上昇しますし、悪いニュースなら株価は下落します。

このように投資信託に組み入れている銘柄の中で保有している割合が多い株式や債券の価格が様々な要因によって変動すると基準価額へも大きな影響を及ぼすことになるのです。


投資信託の収入や支出によっても基準価額は変動する

運用状況以外にも投資信託から組み入れている資産の中から配当金が支払われた時や、運用コストなどの手数料などが支払われた時も基準価額が変動します。

それは基準価額の計算方法に「収入」や「支出」が大きく関わっているからです。

もう一度投資信託における基準価額の計算方法をおさらいしておきましょう。

純資産額÷総口数=基準価額

※純資産額=保有資産+利息・配当収入-運用コスト

この計算式に則って考えると、投資信託で運用している株式や債券に対して株式の配当金や利息が支払われた時にはその分「収入」が増えます。

「収入」が増えると、純資産額はその分高くなるため、基準価額も上昇します。

逆に投資信託を利用している投資家たちに分配金=運用コストを支出した場合はその分純資産額は減少し、基準価額も低くなります。

このように収入や支出も基準価額の変動に大きく関わっているのです。