金融ニュース通信

ENEOSカードSの特徴やサービス、ポイントの確認やポイント交換方法をチェック!

ENEOSカードSの特徴について

大手ガソリンスタンドの一角、ENEOS(エネオス)がトヨタファイナンスと提携して発行しているのがご紹介するENEOSカードです。

ENEOSカードが現在、「ENEOSカードS」「ENEOSカードC」「ENEOSカードP」の三種類のカードが発行されていますが、その中でも最もスタンダードなのがこのENEOSカードSです。

カードの種類によってその特徴やサービスは異なりますが、カード全てに共通しているのは北海道から沖縄まで全国におおよそ11,000カ所以上も展開しているガソリンスタンド「ENEOS」をお得に利用することが出来る多くの特典が用意されているということです。

今回はそんなENEOSカードの中でも基本カードとなる「ENEOSカードSについてそのサービスやポイントの還元率、ポイントの交換方法などについてご説明していきたいと思います。


ENEOSカードSの年会費について

ENEOSカードSでは発行初年度無料、翌年以降1350円(税込み)の年会費が設定されています。

ただし、年に1回でも本カードの利用があれば年会費が無料になる特典が用意されているので実質年会費無料で利用することが出来ます。

年1回の利用にはENEOSサービスステーションやQUICPay、ETCカードの利用分も含まれているので、普通にカードを利用していれば年会費が発生する心配がないのも嬉しいポイントです。

ENEOSカードの締め日と請求日(口座引き落とし日)について

先述した通り、ENEOSカードは3種類のカードが発行されていますが締め日と請求日(口座引き落とし日)は全て同じとなっています。

ENEOSカードの締め日は毎月5日、請求日は翌月の2日になります。

多くのクレジットカードが月末締めとなっている中、ENEOSカードは月初に締め日と請求日がある点にご注意下さい。


ENEOSサービスステーションでのガソリン代割引特典

ENEOSカードSの最大の特徴であり、もっともメリットとなる特典がこのガソリンの割引です。

ENEOSカードSを利用してENEOSサービスステーションで給油すると、ガソリン・軽油は2円/L、灯油なら1円/Lの割引が適用されます。

ガソリン価格の高騰は頻繁に車を利用する方にとっては家計をダイレクトに圧迫する大きな問題ですが、このENEOSカードSを使うことで日々のガソリン代を大幅に節約することが出来るようになっています。

ENEOSカードSで貯まるポイントとポイント還元率について

ENEOSカードSでは一般加盟店でのご利用金額1000円につき6ポイントのエネオスポイントが付与される仕組みになっています。

エネオスポイントの価値は1ポイント=1円なのでポイントの還元率は0.6%となります。

一方、ENEOSサービスステーションで給油以外の利用(カーメンテナンス用品などの購入)をした場合に付与されるポイントは1000円につき20ポイントとポイント還元率が2%となっています。

数あるクレジットカードの中でもポイント還元率が2%になるカードはほとんどないことを考えると、付与される商品が限定的ではあるものの、こういった点もENEOSカードSの大きな魅力となっています。


ENEOSカードの利用で獲得したポイントの交換について

ENEOSカードの利用によって獲得したエネオスポイントはENEOSカードの会員専用サイト「MY TS3(マイティーエスキュービック)」や専用アプリに登録することで以下の商品と交換することが出来るようになっています。
  • 商品カタログの中からお好きな商品と交換
  • 商品券やギフト券と交換
  • 他社のポイントやマイルなどと交換(Tポイントの交換はWEB限定)
  • 貯まったポイントを現金と交換
またこのMY TS3(マイティーエスキュービック)に登録するとポイントの交換だけでなく以下のサービスも無料でいつでも利用することが出来ますのでまだ登録していない方はこの機会にぜひ登録することをおススメします。
  • カードご利用明細の確認
  • エネオスポイントの残高確認
  • お支払い方法(分割払い・リボ払い)の変更
  • ご住所や電話番号などなどの登録情報の変更
関連/ MY TS3(マイティーエスキュービック)新規登録

貯まったポイントをお得に交換するおすすめ商品について

先ほども軽く触れましたが、獲得したエネオスポイントは商品カタログ商品や、商品券などと交換したり、キャッシュバックしてカード利用代金と相殺することが可能となっています。

中でもポイントの価値が最も高く交換できるのがカードの利用代金と相殺するキャッシュバックです。

キャッシュバックは1000ポイント単位で行うことが可能で、1000ポイント=1000円としてカードの利用代金に充てることが出来るので交換レートが100%となっています。

例えば獲得したポイントを商品券やギフト券などと交換する場合、エネオスポイント2000ポイントで1000円分の商品券と交換になるのでその価値が半減してしまうのですが、キャッシュバックすれば獲得したポイントをまるまる現金同様に利用することが出来ます。

またもう一つオススメなのが、web限定での手続きにはなりますがTポイントと交換する方法です。

エネオスポイントをTポイントに交換する場合の交換レートは1000ポイント=700ポイントとレート自体は決して良くはありませんが、Tポイント加盟店であるウェルシアなどでは特定の日にポイントが1.5倍アップで利用できるのでこういったキャンペーンを利用すれば交換レートが100%を超える場合があるのでキャッシュバックするよりも若干お得になります。

またJALのマイルも交換する航空券の種類によっては1マイル=3円以上の価値があるので、エネオスポイントの交換レートも高くなります。